異形ワーク整列ピックアップ



食品印刷への外観自動検査

食品の分野では機械工業や金属工業製品に対する外観検査には無い難しさがあります。

それは、クッキーや煎餅などの一つ一つの外観は「同じものが無い」と言えるほど、個々に差がありながら、製品として、合格品と不合格品の差があるからです。

現在、「ディープラーニングによるAI画像解析」が検査工程へ急速に普及しています。

機械や金属工業製品の不良率は、「数万個から数百万個に1つ」ですが、外観自動検査としては、人間の能力を上回る程に正確に欠陥を検出でき、休憩も必要ありません。

我々は、機械や金属工業製品で成熟してきた「ディープラーニングによるAI画像解析」を食品に印刷した後の外観自動検査に適したシステムへと改良し、お客様の課題を解決することに取り組んでいます。


「不定形製品」への外観検査自動化のシステム構成図​


AI解析時に必要となる豊富なセンサーソリューション